eS4 no.47

ご注文について

全国の書店、Amazonのほか、芸文社注文センターにて代金引換(別途、要送料・手数料)でもご注文を承ります。
芸文社注文センター TEL:03-5697-0220 平日9:00~17:00(土日祝日、年末年始、夏季休暇を除く)
FAX:03-5697-0221(24時間受信可能)

eS4編集部より

EUROMOTIVE MAGAZINE「エスフォー(eS4)」最新号は偶数月10日発売です。
eS4(エスフォー)はヨーロッパ車(euro)をベースに、スポーツ(SPORT)、スタイル(STYLE)、サウンド(SOUND)、スティミュラント/刺激(STIMULANT)の4つのSを加えたユーロ・オートモーティブマガジンです。固定観念に縛られたヨーロッパ車カスタマイズの世界を解放し、新しいユーロモーティブライフを提案していきます。

eS4 is the euro automotive magazine which means "S"port, "S"tyle, "S"ound,and "S"timulant are added to "E"uropean car. We suggest more exciting euromotive life to adults who are unsatisfied with ordinary European car modification.

eS4最新情報を公式SNSで配信中

目次

 

[巻頭特集]
AUDI ZONE [アウディに仕掛けられた罠]

アウディにハマってこそ人生は楽しくなる!
アウディにハマる人がますます増殖中。一般ユーザーだけでなくプロショップやパーツメーカーまでアウディに入れ込んでしまうのだからアウディのポテンシャルといったら凄まじいものがある。こうしたアウディのスウィートスポット、”アウディゾーン”。この罠にハマったら、アウディにもっと手間と時間とお金を掛けて、アウディを引き立ててあげたくなる。
アウディA7スポーツバック3.0TFSIクワトロ/アウディS4/アウディA4アバント2.0TFSIクワトロ/アウディTT 2.0TFSクワトロ + FF

[HIGH LIGHT]
STANCE REVOLUTION
シーンを席巻する”太履きトレンド” フロントホイールはオーバー10.0リムで
車高は低いほうがカッコいいし、タイヤは太いほうがカッコいい。これは昔から変わらないカッコ良さの不変の基準だが、4WD車やFR車のフロントにも太いホイール&タイヤを履かせるのって、果たしてカッコいいのか!? でもこれまでモディファイでカッコいいとされたクルマのことを振り返ると、無理めなことを実現してしまうのがカッコ良さの陰に秘められた理由だった。だとしたらフロントに無理めサイズのホイール&タイヤを履かせる”太履き”だってカッコいいに決まってる。だからこそ、USを中心に”太履き”トレンドが、日本のアウディシーンまでも巻き込もうとしているのだ。
アウディS5クーぺ/アウディRS5/アウディRS6/ニッサン・フェアレディZ&Zロードスター

URBAN EURO LIFESTYLE in NORTH OSAKA
都会とユーロとライフスタイル
ドイツチューナーきってのスタイリスト、ハーマンスタイルで充実したオン/オフを彩る。
大阪北部の北摂というエリアは、関西でも特別な場所。ここには高級住宅地、オシャレなレストランやカフェ、都会の中の空港、文化を感じさせる施設などが点在し、しかも輸入車の認知度が非常に高い。そんな場所だからこそ楽しみたいのがユーロのあるライフスタイル。となれば頭に真っ先に浮かぶのが、ドイツチューナーきってのスタイリスト、ハーマンモータースポーツだ。折しもハーマンという名は、ファッションのロン・ハーマン、オフィス家具のハーマン・ミラーなどイメージは最上。同じくハーマンのスタイリングも洗練されたモノと世界的に認知されている。そこでハーマンをまとう2台、BMW F06とF12を北摂~大阪北部エリアに連れ出した。
BMW 650iカブリオレ/BMW 640iグランクーペ

どうしてこの車高調が選ばれるのか
話題のスポーツサスペンションを分析する
走行性能のすべてをキメると言っても過言ではない「車高調」という重要パーツ。ユーロシーンではローダウンが目的というより、性能の向上を狙って車高調を選ぶ場合がほとんどだが、実際、どんな車高調を選んだらいいのか? 各社の最新最高のプロダクトの手引き書、これが今回の趣旨だ。
カーヴェー・クラブスポーツ/ビルシュタイン・クラブスポーツ/ジェイアールゼット/シャーゼン・テクノロジー/アイアイディー・ロワリングリンク

EURO TUNING & ENGINEERING BROADCAST
ユーロチューニング&エンジニアリング最新情報局
DTEシステムズ ペダルボックス[ワンガン]/日本最速アウディTTSの総決算![ジェイファクトリー]/スポーツラインブレーキシステム[ファースト スポーツライン事業部]/イノテックエギゾーストシステム[iPEジャパン]

SPECIAL EVENT
ヴォルシュテイナー・マクラーレンパーティー

BREAKING NEWS for EURO
アルツモトーレンバウ ラッピング

EURO WHEEL GRAFFITI
デザインに惚れ込むか パフォーマンス重視か
ADV.1 ADV05DC xマセラティ・グランツーリズモ/Vorsteiner Forged Monoblock x フォルクスワーゲン・ゴルフV R32/KLASSEN REV × BMW 320d/VOLK RACING TE37SL macars Original Size × BMW M3クーぺ/ERST WHEELS EM6 VW Model x フォルクスワーゲン・シロッコTSI/WALTZ FORGED S7 x BMW Z4s & アウディA1 1.4TFSI/TWS Exlete 107M Black Anodized Edition MY14

REAL TUNING & MODIFIED
濃厚に行くなら先代BMW&メルセデス
同じドイツ車でも、VWを選んだりしたらモディファイの基本はチョイフルモデルだったりするのに、BMW&メルセデスの場合、現行型が主流になっているのは間違いない。でも、ここ10年のBMWやメルセデスのモデルでは、性能的には現行モデルとほとんど差がないものが多いから、提案してみたいのが、こうしたハイパワーモデルへの濃厚モディファイ。21世紀生まれのクルマなら、故障もそれほど気にせずに楽しめるのだし。
BMW M5 [E60]/BMW Z4クーぺ [E39/8]/BMW 320i ハイライン [E90]/BMW M3コンバーチブル [E46]/メルセデスベンツCLS 55 AMG [W219]

V-DUB EMOTION
ちょっと感動的なVWモディファイド
フォルクスワーゲン・ゴルフR/フォルクスワーゲン・パサートCC 2.0TSI/フォルクスワーゲン・パサート2.0T/フォルクスワーゲン・ゴルフVI TSI & ジェッタV 2.0T/フォルクスワーゲン・ゴルフV GTI & ゴルフVI ヴァリアント2.0TSIコンフォートライン

WORLD EURO REPORT
Water Fest <ウォーターフェスト>
Bimmerfest East <ビーマーフェストイースト>

SPECIAL COLUMN
BEHIND THE SCENES
世界のシーンを見て歩記 [第16回]

BMWプロショップが教える、期待値合わせの整備&チューニング
[第5回 BMW E46 3シリーズ ]

WIDE BODY SHOCK!
BMW X6ワイドボディプロジェクト [第2回]

TUNER EXPRESS
ボルボV40

SUPER CAR & EXOTICS
ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2トリコローレ

LADIES EUROMOTIVE LIFE
フォルクスワーゲン・ゴルフIV GTI
メルセデスベンツCL550

CROSS OVER J/EURO
レクサスLS600h

THE LATEST SUV THEORY
メルセデスベンツG550L

イベントレポート/eS4コラム/新製品/読者プレゼント

COVER
PHOTO>>NARUHITO ISHII(石井成人)
DESIGN>>Creative Production ” Podium One”
CAR>>BMW M5

バックナンバー

関連書籍