15年02月号/Vol.386号
さらば愛しの桃次郎
菅原文太追悼企画 さらば愛しの桃次郎/欧米のハイカラを装う西洋かぶれな男たち/召しませ天啓 九星気学で未来を占う/第65回IAA国際商用車ショー2014リポート/愛車に輝く自慢の逸品 魅惑の稀少パーツ/カミオンTOP ART~アートを楽しむ。~奥州はやぶさ商事/二代目紅弁天/常勝丸/亜魅丸/樹弥桜音丸/ライバル・バトル 男義丸 vs 冬美丸
2014年12月27日発売
特別定価:本体750円+税
 
トラック野郎 天下御免の特別號 復刻版
祝! カミオン30周年/前編
  私が初めて写真を投稿したのは88年のことである。中学3年の春休みの出来事を写真とともに、カミオンキャブのホットレターへと送ったのだ。もちろん採用される、されないは二の次で、そのときの興奮と熱い思いを一人でも多くの読者に知ってもらいたかったのである。それと同時に「沖縄にもアートはあるんだ!」という誇りというか郷土愛が込み上げてきたのを覚えている。カネ源水産のスクープですぐにマニアの心を掴んだトラックボーイでは、私の先輩がいち早く投稿をしたおかげで現地取材まで掲載されていた。そんななか、いち早くカミオンを手にした友人からお前の写真が載っているゾとの一報が入り胸が高鳴る。翌朝、自分の手紙と写真が載っているのを見て言葉にできないほど感動したのを覚えている。このときホイストのグリスアップに対して、「オーナーは油を塗っているようだった」という文面が学生らしくて笑える。さらに情報が確かなもので、トラッカーと連絡が付いたらカミオンはいつでも取材に行くから! と編集部からのうれしいメッセージ付きでさらに舞い上がった。あの日から半世紀以上、トラックもアートも格段と進化を遂げたが、'80年代に出会ったクルマたちほど魅力的かつ個性的なものはない。写真のコメントを書くのも楽しく、カミオンの記事を参考に自分なりの主観を書いたものだが、近年は「ありがとう」という感謝のメッセージばかりが並び、気を使う時代になったことがなんだが寂しい。
◆今回の画像  (クリックすると大きくなります。)
14/06/26 18:38
あの頃のあの日に戻りたい!
  カメラを片手に本島中を闊歩していたあのころ、撮るクルマには自分なりの基準があった。とにかく何かパーツが付いていることが前提で、その最低ラインがフロントバイザーだった。80年代当時、バイザーはこそ付いていないがメッキをいい具合に散らしたり、浮世絵プレートやプールハシゴなどで機能的に飾ったクルマはわんさかいた。残念なことに中学生の自分に飾りの善し悪しなど知るはずもなく、そういったクルマが凄いと分かるのはずっと大人になってからのことである。「何ですぐそばに停まっているのにカメラを向けなかったのか?」と当時を思い浮かべてみる。24枚撮り、36枚撮り(コニカは安かった)を何本か持ち、ときにはカメラに入った12枚フィルムのみで撮影に挑む。当然ながら、枚数と撮りたいクルマを頭で考える訳で、子どもながらにシャッターを押すのを我慢したときもあったかもしれない。また、撮りたいクルマがたくさんあって、声をかけたときには出発寸前で、ジョレンと長靴のかかった後ろ姿を寂しく見つめたときもあった。当時も時間の許す限り撮影に費やしたが、もっとガンバレば良かったと後悔する。原石仕様の中期型ZM、出発間際のロボットマスク、修理中のダルマUD、待機中の前期型FVなどいろいろだ。1枚の写真のバックや隅っこに写り込んだ、主人公になることのなかったクルマたち。どのようなマスクをして、どんなボディを背負い、どのようなケツだったのか、わずかな写真の手がかりをもとに記憶をたどることしかできない。
◆今回の画像  (クリックすると大きくなります。)
14/06/26 18:35
沖縄ダンプ過積載問題の協議続く
  ここで何度かお伝えした、沖縄のダンプ軍団「やんばるあっちゃー」の過積載問題。昨年の春から地元のマスコミに大きく取り上げられ、日に日にあらゆる問題が明るみとなり関係者の間で話し合いがもたれてきたが、まだ解決の糸口は見えていない。これまで定量の1.7~2倍あたりの過積載で走っていたが、砕石場、生コン業者への指導が入り切り増しで荷を運ぶようになったものの、砕石場のある山原からプラントまでの運賃は以前のママで、消費税や燃料高騰もさらなる追い風となりドライバーの生活をさらに圧迫している。問題勃発前は積むことでなんとか帳尻を合わすことができたが、それができなくなった今、やんばるあっちゃーたちは採算の合わないまま運行を続けている。ダンプは全国の地域によって平均積載量がマチマチではあるものの、一部のダンプ王国を除いて、ほぼ定量積載で運行されている現状を見れば、沖縄のダンプ軍団がいかに過酷であるかが伝わってくる。ようやく今年の3月に入り県土木建築部が業界団体を集め協議の場が持たれ、1回あたり2万円以上の支払い、業者へのさならる過積載防止の徹底など、沖縄ダンプ協議会の要請について議論されたようである。沖縄にて個人持ちが新車のダンプを買うのは大変なことであり、現在でも旧いクルマが主流となっている。エンジン交換やキャビン載せ換え、ボディの再架装など、あの手この手で愛車の寿命を伸ばす人も少なくない。ダンプが砂や砕石を満載して走る姿は迫力で、子どものときにはとても憧れたものだが、このような背景を考えると定量で生活が成り立つほど理想なことはない。ここまでくればあとは前進あるのみ。理想とする単価を獲得するため一致団結してがんばってもらいたい。
◆今回の画像  (クリックすると大きくなります。)
14/04/30 14:49

  トラック好きなら絶対に欲しい! 特別付録DVD「カミオン The ムービーⅣ」
14/09/24 11:55
今回のDVDは神戸・淡路流で飾った有名車シャイアンを筆頭に、ファン垂涎のアート車が目白押し!! シャイアンの関東・愛知間の往復行程を追ったドキュメントストーリーに加え、静岡の仕事車が集結して行った走行会の模様を収録。さらに映画『トラック野郎』の鈴木則文監督の葬儀と、当時助監督だった澤井信一郎監督と映画評論家の柳下毅一郎さん、トラック野郎研究家の小川晋さんによる追悼座談会の模様をパッケージ。10月1日発売の11月号をお見逃しなく。
  特別付録「全國丸」ペーパークラフト付き!
13/09/03 10:38
カミオン13年10月号には、東北を代表する名車・全國丸のペーパークラフトが付属。かなり精密なキットだが、その分リアリティは抜群だ。根気よくていねいに組み立てて、カッコよく仕上げてほしい。完成した作品は写真を撮ってカミオンに投稿しよう。作品が集まったら誌面にて紹介するぞ。掲載作品には記念品をプレゼントだ!
  トラックファン垂涎のオムニバス版!! 特別付録DVD「カミオン The ムービー」
12/03/28 18:51
今回のDVDはトラック野郎名シーンから西日本のアート車が集う走行会、東京モーターショーリポートまで、あらゆるお宝映像が収録された3本立ての豪華版!! 一番星号や龍馬號を筆頭に、マフラー音を轟かせながら疾駆する様は圧巻で興奮の連続です。さらに国内4メーカーのグローバルカーや、架装メーカーの特装車なども次々に登場します。3月31日発売の5月号をお見逃しなく。 
  第25回カミオンアート・プラモ大賞のエントリー作品を募集中!
11/12/26 15:58
毎年恒例のアート・プラモ大賞のエントリー作品を募集しています。応募に際して写真を4点以上(ななめ前、ななめ後ろ、正面、そのほかアピールしたいところ)と作品のベースモデル、改造箇所、総費用、作品に対するコメント、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記した紙を同封のうえ、お送りください。なお、写真にはすべて油性マジックで応募者の氏名を書いてください。〒170-8427 (株)芸文社カミオン編集部『第25回プラモ大賞』係。締め切りは2012年1月10日(火)消印有効。あなたの応募を待ってま~す。
  2012年1月号は映画『トラック野郎』のエアフレッシュナーが特別付録だ!
11/11/24 18:26
12月1日発売の1月号には、映画『トラック野郎』と新連載4コマ漫画『われら うずまき運送』のイラストが両面に入ったエアフレッシュナーが付録につくゾ。主題歌「一番星ブルース」に使用されていたイラストが表面で、新しく始まった4コマ漫画の主人公・てづみちゃんととうちゃんのイラストが裏面だ。車内に!室内に!あなたのライフスタイルに華を添えること間違いなしのマストアイテムだ!!
  マニア垂涎の映像満載!特集&特別付録DVD「デコチャリ卒業生青春白書」
11/09/27 10:08
2011年11月号の特集は、少年時代にデコチャリに青春をかけたトラッカーにズームイン! なかでもグループ烈津號に所属する花道丸と神農丸、かつての名車を復活させた竜神丸の映像が収録されたDVDは必見!! アート・ファンには見逃せないシーンの連続です。10月1日発売の11月号をお買い忘れなく。 
  特別付録「由加丸特大ポスター」は迫力満点!
11/07/20 17:36
9月号(8月1日発売号)には特別付録として「由加丸特大ポスター」がつきます。赤レンガ倉庫がバックのコリーダⅢと銚子にて撮影した由加丸水急&由加丸の両面ポスターです。約85cm×約60cmのビッグサイズできっと満足していただけると思います。ぜひお買い逃しなく!!
  第24回アート・プラモ大賞の応募を締め切りました。
11/01/25 19:07
1月17日消印有効で応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。発表は4月号(3月1日発売)にて掲載いたします。乞うご期待!
  第24回アート・プラモ大賞のエントリー作品を募集中!
10/12/21 17:36
カミオンでは現在、アート・プラモ大賞のエントリー作品を募集しています。2011年1月17日(月)消印有効。応募要項の詳細は本誌を参照のこと。年末年始のお休みを利用して、ぜひあなたの力作を送ってください!
  ダンプスペシャルⅡ 発売!
10/12/16 10:19
全国のダンプファンのみなさま、お待たせしました。ダンプだけのスペシャル版の第二弾です。各地のご当地ダンプがぎっしり詰まってるだけでなく、特別付録DVDは怒濤の100分収録! 買わなきゃソンする完全保存版です!!

割引価格になる定期購読がおすすめ。1年購読で1号分割引となる特典付きです。 お近くに書店のない方、定期的に書店に通うことが難しい方など書店でお求めにくい場合、 毎号購読することが決まっている方はご自宅までお届けする定期購読をお申し込みください。 お買い逃がしのない確実な方法です。
お申し込みは こちら からどうぞ。